男性が十分な勃起力を発揮しないと、男女ともに満足のできるSEXは楽しめません。

 

女性が満足する硬さというのはリンゴ程度と言われており、男性の年代で言えば20代のペニスとなります。極端にペニスが大きい場合は痛いと感じることもあるでしょうが、ローションを使用するなど工夫すれば問題ありません。

 

勃起力というのは年々低下していくのが普通で、特に30代後半くらいから減退が顕著になってきます。EDは生活習慣病の一種なので、身体の不調が気になり始める年齢になるとEDの発症率も高くなります。例えば肥満、メタボ、脂質異常症などの症状はすべてEDを促進するので注意が必要です。

 

ペニスを硬くする正体というのは血液であり、血管内を血液が勢いよく流れることで勃起するわけです。女性を満足させる硬さを手に入れるためには、陰茎海綿体に大量の血液を集める必要があります。血流がドロドロになると血管内をスムーズに流れにくくなり、性欲に対して反応が鈍感になるのです。

 

若いころは性欲を感じると即座にペニスが硬くなっていた方も、年齢を重ねるとそうはいきません。それを防ぐために役立つのが精力剤であり、毎日飲むことで体質から変えることができます。

 

フル勃起時の硬さがグレープフルーツやミカン程度になったら、EDが始まっていると考えてよいでしょう。精力剤を飲むことで進行を遅らせることができます。EDは少しずつ進行するので、立ちが悪くなってもすぐにED治療薬を飲む必要はありません。

 

精力剤を1〜3ヶ月程度飲んでみて、ペニスの変化を観察してみましょう。よい前兆としては性欲を感じたときの反応があり、ダイレクトに立つようになったら改善している証拠と言えます。

 

たった1cm大きくなるだけでも、見た目の大きさは一回り以上も違ってくるものです。リンゴの硬さを目安にして勃起力を高めて、女性を喜ばせてください。SEXは相手が存在するからこそ、常に相手のことも考えて対策していくべきです。